数寄屋造り・茶室について

数寄屋造り 和風画像

数寄屋造り 和風画像 数寄屋造りとは、安土桃山時代から江戸時代にかけて完成された茶室建築の意匠を取り入れた建築様式で、千利休によって完成されたといわれています。

もとは庭園に面した別棟として造られた小規模な茶室を「数寄屋」と呼んでいました。当時は床の間、棚、付書院を備え、座敷を荘厳する書院造が確立され、身分の序列や格式を維持する役割も持つような時代でだったのですが、茶人たちは格式ばった意匠や豪華な装飾を嫌いました。

そこで茶人たちに好まれたのが軽妙・シンプルで自由度の高い「数寄屋」だったのです。

江戸時代以降は茶室から住宅などへとその幅を広げていき、現代では、料亭や住宅でも数寄屋建築にならったものが造られるようになりました。

数寄屋造り

数寄屋造り 和風画像

意匠性の高さ

数寄屋造りは、書院建築が重んじた格式・様式を出来るだけ排除しているのが特徴です。特徴としては、庇を長めに造り、床の間は書院造と比べると小規模で質素に、柱を水平方向につなぐ長押(なげし)を省略するなどが挙げられます。こういった造りは茶人たちの内面を磨いて客をもてなすという精神が、シンプルでありながらも洗練された意匠として建築物に反映されています。

数寄屋造りは究極の日本美

日本人が持つ美の世界観を究極まで突き詰めたのが数寄屋造りです。
身分・序列・格式の垣根を取り除いた思想から生まれたもので、丸太柱などをつかうなど、全体的に自然の趣をのこしつつ、それでいて洗練された意匠は素晴らしい日本の伝統と侘び寂びの精神が反映されているのです。

あべの建設の数寄屋造り

数寄屋造りの住宅・建築をデザインできる職人は、そう多くはありません。
あべの建設では、数多くの数寄屋造りのご依頼を頂いており、豊富な経験と実績がございます。
数寄屋造りを実現させたいとお考えの方は、一度あべの建設までお気軽にご連絡下さい。